シチズン社製ラベルプリンタの取扱いを開始

パソコン発行型

この度、当店ではシチズン社製のラベルプリンタ
CLーE303/CL-331」シリーズの取扱いを開始いたしました。

従来のパソコン発行型ラベルプリンタ

B-EV4シリーズ

これまでは、このクラスのパソコン発行型モデルとして、
東芝テック社製B-EV4シリーズをメインに提案して参りました。

13年が経過しました。

B-EV4シリーズは2009年2月にリリースされました。
当時はコンパクトで高性能なモデルであり、導入台数もかなりの台数となりました。
しかし最近では各社共に、色々な新製品がリリースされている中、
スペック的に少し劣る点が目立ちはじめました。
印字の鮮明さ、発行スピード、各センサーの感度等、設計の古さを感じてきました。
そこでこのクラスの代替機種を検討する事となりました。

BV410シリーズ

同じ東芝テック社製では、BV410シリーズがリリースされていますが、
こちらはインクリボンを使用する熱転写式がございません

シチズン社製ラベルプリンタに着目

そこで東芝テック社以外でコストパフォーマンスに優れた製品を比較検討いたしました。
検討した結果、シチズン社製CL-E303/CL-331シリーズが最適であろうと判断しました。

CL-E303/CL-331シリーズ

コストパフォーマンスが良い

B-EV4と同等の価格帯にもかかわらず、B-EV4以上にコンパクトなボディ
印刷速度印刷性能も優れた機種です。
製品の構造も至ってシンプルであり、ハードの故障もほとんど無いようでした。

大口径インクリボンが装着できる

また、熱転写モデルのCL-331シリーズでは
大口径のインクリボン(1巻300M巻)を装着する事ができます。

このクラスで、「300M巻きの汎用リボン」を装着する事ができ、
B-EV4用の純正リボンよりも「4割程度のコスト削減」が可能となります。

汎用品が使用可能

CL-E303/331シリーズのラベル、インクリボンは
様々な汎用品が使用できるような構造になっています。

※感熱印刷では当店の「白無地サーマルラベル」、熱転写印刷では「白無地熱転写ラベル」が
ご使用いただけます。

別の記事でも案内させて頂いていますが、MAX社製のラベルプリンタのように、
高額な純正ラベルしか使えない構造ではありません

参考記事

ラベルコスト比較


尚、CL-E303/331シリーズは、近日中にネットショップで掲載予定でございます。
今後、当店では、CL-E303/331シリーズをB-EV4に変わる製品として、

ユーザー様のご環境に応じて積極的に提案をさせて頂く方針です。

※B-EV4シリーズも引き続き販売をいたします

何かご質問やご要望等ございましたらお問い合わせを頂ければ幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました